有田ふるさと うまいもんまつり

 

 

ホームページ
フェイスブック
インスタグラム
メール
女子ブログ

トップ  >  食べる  >  (有)可吉

(有)可吉

画像タイトル

紀州さば浜ずし

寿司の始まり棒ずし。室町時代有田・日高地方で「なれずし」(生なれ)が生まれました。

棒状にごはんをにぎり、鯖をのせ、アセの葉で巻いて長期間乳酸菌発行させたもの。これが、ごはんも魚も食べる「寿司」の原型と言われています。棒ずしが全ての始まりだったのです。当社は有田市初島町でそんな伝統的な棒ずしをつくり続けています。

 

新鮮な鯖や太刀魚、穴子、ひらめ、さんま、鯛など地元でとれる魚を使い、調味料にこだわり、ごはんにこだわり、貫いた味へのこだわりのおかげで、平成18年より阪急百貨店梅田本店で常設店舗をもち、その後、JR大阪三越伊勢丹・西武百貨店池袋本店・高島屋大阪店等に常備店舗を持たせていただきました。

 

ミラノ博出品、新宿伊勢丹ギフト商品。ふるさと納税でも取り扱われている「紀州香り鮎(塩焼き)」は紀州で育ったこだわりの鮎を、その風味を損なわせず、CAS冷凍し、レンジで温めるだけで焼きたての味わいを楽しんでいただける逸品。こちらも大変ご好評いただいています。 こだわりの店 可吉をどうぞご利用ください。

 

※店舗にてご購入の際は事前に電話連絡をお願いします。

会員紹介の写真1

紀州たちうお浜ずし

会員紹介の写真2

さけ浜ずし

会員紹介の写真2

紀州香り鮎(塩焼き)

 

 

 

 

 

 

和歌山県有田市野街並み 箕島商店街
MENU