あり太くん通信販売 プレミアムギフト

【補助金】令和3年度『わかやま地域課題解決型起業支援補助金』(受付締切:令和3年5月13日(木))

「わかやま地域課題解決型起業支援補助金」は、県内における社会的事業の分野において、地域課題の解決を目的として新たに起業する者及びSociety5.0関連業種等の付加価値の高い産業分野での事業承継又は第二創業した者に対して、起業、事業承継または第二創業に必要な経費の一部の補助を行うものです。

  

Society5.0とは:AIやIoT、ロボット、ビッグデータなどの革新技術をあらゆる産業や社会に取り入れることにより実現する超スマート社会で、政府が「目指すべき未来社会」として提唱しています。

(詳細及び事例は、内閣府ホームページ「Society5.0」を参照ください。)

  

  

【1 補助対象事業】

(A)新たに起業をする場合

和歌山県が地域再生計画において定める分野において、地域の課題の解決に資する社会的事業(Society5.0関連業種等の付加価値の高い産業分野を含む)であり、新たに起業する事業であること。

次に掲げる事項の全てに該当すること。

  • 地域社会が抱える課題の解決に資すること(社会性)。
  • 提供するサービスの対価として得られる収益によって自律的な事業の継続が可能であること(事業性)。
  • 地域の課題に対し、当該地域における課題解決に資するサービスの供給が十分でないこと(必要性)。

和歌山県内で実施する事業であること。

公募開始日から、令和4年1月31日までに新たに起業する事業であること。

公序良俗に反する事業でないこと。

公的な資金の使途として社会通念上、不適切であると判断される事業(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第121号)第2条において規定する風俗営業等)でないこと。

(B)事業承継又は第二創業をする場合

本事業における、

事業承継とは:代表者の交代を伴い、新たな事業に取り組む場合。

第二創業とは:同一法人(または個人)が、既存事業とは異なる新たな事業に取り組む場合。

 

Society5.0関連業種等の付加価値の高い産業分野であり、かつ和歌山県が地域再生計画において定める分野において、地域の課題の解決に資する社会的事業に関する事業を、事業承継、又は第二創業により実施する事業であること。

未来技術を活用した新たな社会システムづくり等に関連する事業を想定。

次に掲げる事項の全てに該当すること。

  • 地域社会が抱える課題の解決に資すること(社会性)。
  • 提供するサービスの対価として得られる収益によって自律的な事業の継続が可能であること(事業性)。
  • 地域の課題に対し、当該地域における課題解決に資するサービスの供給が十分でないこと(必要性)。

和歌山県内で実施する事業であること。

公募開始日から、令和4年1月31日までに事業承継又は第二創業を経て新たに実施する事業であること。

公序良俗に反する事業でないこと。

公的な資金の使途として社会通念上、不適切であると判断される事業(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第121号)第2条において規定する風俗営業等)でないこと。

 

 

【2 補助対象者】

次の要件を全て満たす者であること。

(A)新たに起業をする場合

公募開始から令和4年1月31日までに個人事業の開業届出若しくは株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、企業組合、協業組合、特定非営利活動法人等の設立を行い、その代表者となる者であること。

和歌山県内に居住していること。又は、補助事業の完了日までに和歌山県内に居住することを予定していること。

法人の登記又は個人事業の開業の届出を和歌山県内で行う者であること。

法令順守上の問題を抱えている者でないこと。

申請を行う者又は設立される法人の役員が暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力との関係を有する者ではないこと。

(B)事業承継又は第二創業をする場合

公募開始から令和4年1月31日までにSociety5.0関連業種等の付加価値の高い産業分野での、地域課題の解決に資する社会的事業に関する事業を、事業承継、又は第二創業により実施する個人事業主もしくは株式会社、合同会社、合名会社、合資会社、企業組合、協業組合、特定非営利活動法人等の代表者となる者であること。

和歌山県内に居住していること。又は、補助事業の完了日までに和歌山県内に居住することを予定していること。

事業承継又は第二創業により新たに実施する事業を和歌山県内で行う者であること。

法令順守上の問題を抱えている者でないこと。

申請を行う者又は設立される法人の役員が暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力との関係を有する者ではないこと。

  

 

【3 補助率】 

補助対象経費の2分の1以内

  

 

【4 補助限度額】 

2,000千円

  

 

【5 公募期間】 

令和3年4月1日(木)~令和3年13日()午後5時必着

   

  

【6 お問い合わせ】

 和歌山市本町二丁目1番地 フォルテワジマ6階

公益財団法人わかやま産業振興財団 経営支援部

わかやま地域課題解決型起業支援事業担当(愛称:チームわくわく)  

TEL:073-432-3220 

FAX:073-432-3314

E-mail:chiiki@yarukiouendan.jp(@を半角に変更してご使用ください。)

 

  

わかやま地域課題解決型起業支援事業の詳細につきましては、こちらからご確認ください。

 

 前のページ    トピックス全件

和歌山県有田市野街並み 箕島商店街
ありたくんメニューボタンMENU